FC2ブログ

スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠恋④…だ、、、、め。 

2010, 08. 01 (Sun) 02:00

そっと唇に触れてきたハル。

メグの髪をかきあげ、頬を撫でた手で顎をつまむようにクイッと上向きにする。

薄く開けたメグの瞳にハルの優しい顔が近づく。
強く抱きしめ愛おしそうに長く深いキスをする。

ずっとレスだったメグにはそれだけでもう充分刺激的。


生暖かで柔らかい唇の感触。

(キスがこんなに気持ちいいものだったなんて…)
重ねた唇に不思議と違和感がない。。。
何だかずっと前から恋人だったような感覚。

たくさんのメールですでに恋人気分だったからだろうか?

今度はメグのほうからもぎゅうっとハルにしがみつくように抱きついてみた。

(あ…!!)

メグの身体にハルの硬くなったものが当たっているのに気が付いた。
メグに反応して硬くなったと思うと嬉しい。

ハルに逢いに来た目的はこの目でハルがどんな人か見てみたかったのと、ただ癒してあげたかったから。
残念なことに今日は生理でSEXは無理だ。

硬くなったものをお口と手で包んであげようと起き上がろうとした時、ハルの右手がブラウスの裾から滑り込みメグの乳房を押し上げるように包みゆっくりと揉みはじめた。

次にブラジャーを押し上げ乳房をあらわにし、揉みしだく。

乳首はもう痛いほどに敏感になっている。
グリグリつままれると子宮の奥がキューンとなる。

『…あ…あぁ。ハル、明るいわ。』

メグは夜の暗い寝室でしかSEXをしたことがない。

感じている様子をハルにしっかりと見られるのは恥ずかしい。
ベッドの頭にあるスイッチに手を伸ばそうとすると、ハルが悪戯っ子のような笑みを浮かべながら静止する。

『だ~め!メグが感じてるのをこの目に焼きつけたい。』

『い、いや…あ、はぁ…んんー……』

メグの伸ばした腕をつかみ覆いかぶさりながらキスをすると、スカートをたくし上げパンティとストッキングの上からクリ○○スの辺りを刺激して来た。

(い、いやだ!今日はナプキンがあるのに。恥ずかしい。)

脚をきつく閉じ、抵抗していると今度はパンティの中に指を入れて来た。
ぬるぬるになったメグの蜜壷に指を這わせ、花芯を探し当てるとそっと刺激しはじめた。

『ハル!!指が汚れるわ!ねぇ。ねぇ。あぁーーー…』

メグが一番感じ易い部分を上手に刺激してくるハル。

やや抵抗があったがペッティングまでは許容出来る。

感じてきた身体と脳がハルの指の感覚に集中しようとした時、ハルがいきなりパンティとストッキングを脱がし始めた。

(え!?えええぇ!!!?)

わけがわからない。頭が混乱した。
メグの常識では生理の時には気持ち悪くて、誰もSEXするとは思っていないから。

『だめ!だめよ!汚れるーーあぁ。』

『大丈夫。バスタオル敷けばいいから。それにもうこんなにグチョグチョになってるよ。』

メグの動揺にも落ち着いた様子で構わず続けようとする。
生理でもSEXするのが当たり前のように。

(うっそー。信じられない…)

観念したメグ、もう一度お願いしてみた。

『ねぇ…お願い…暗くして……』
   



『、、、、、だ、、、、め。』


つづく

関連記事

コメント

メグ

(^▽^;)

ケンメリさん。
あらら。。。
オカズになっちゃいましたかー。

50、60はまだまだ若いですよ!
70、80でも現役目指しましょう~(^-^)/

2010/08/01 (Sun) 03:12 | メグ | 編集 | 返信

ケンメリ

エントリーを読みながらオ○ニーしちゃいました…

メグさんありがとうございます。

SNSに招待して頂いたお陰で50代の“性春”を取り戻せる気がして来ました

今夜のオ○ニーは…詳しくはSNSメッセージに託します。
次のエントリーで思い切り射精できる場面が訪れそうですね

2010/08/01 (Sun) 03:04 | ケンメリ | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。