FC2ブログ

スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会③…涙 

2010, 09. 02 (Thu) 02:31

『あぁ…あー・・直己…もうダメ・・あぁぁん。』

メグは直己に後から激しく突きあげられ、自分の中に一体となる熱い塊を感じていた。

ここしばらく遠ざかっていた感覚に身体が敏感に反応し、わけもなく涙が溢れる。

『あぁ!あっ…ハァ・・ダメー・・ゆるし…て。』

白い背中をのけぞらせ、快感に酔うメグ。

『ぁぁああ・・・・・・!!』

構わず攻め続けるとメグは一瞬声を失ったあと、力なく崩れた。

『メグ?…もう降参なの?感じやすくなったんだね。』
一旦離した身体を向き直らせ、寄り添い髪を撫でるとメグはギュッと直己にしがみついてきた。

背中をさするとメグの身体が小刻みに震えている、泣いているらしい。

『どうしたの?痛かった?』

『ううん。久し振りだったから…感じすぎて恥ずかしい…』

『久し振りって。旦那とえっちしてないの?勿体ないなぁ。こんなに綺麗な身体をしているのに。』

『それにここもこんなに濡れて敏感なのに…』

直己が再びメグの秘部に指を這わせ、蕾を探りあてるとビクンと反応する。

『そんなことなら手離すんじゃなかった。俺なら毎日でもメグが欲しいのに。』

サービストークではなく、直己は本当にそう思っていた。

あの時は若くて将来に自信が持てず、一哉からメグを強引に奪うことが出来なかったのだ。

直己に抱かれ、メグもあの頃の記憶が映画のワンシーンのようにフラッシュバックする。

『もう逢わない。』

と言った時の直己の淋しそうな瞳。

(本当にこれでいいの?あんなに愛し合ったのに…)

逃げるように立ち去るメグに直己の声にならない声が聞こえた気がした。

浮気をしたメグに怒り、
『別れろ!今すぐ結婚しよう。』と言った一哉の方を選んだのだ。

いつも穏やかな一哉が取り乱したことに、メグへの愛情を感じたからだ。

『淋しい時はいつでも俺に逢いに来いよ。』

『俺の胸で泣けばいいから…』

直己の言葉にメグの潤んだ瞳からまた大粒の涙が溢れ出た。

その涙を直己は唇で優しく吸い取った。



メグをきつく抱きしめながら。


つづく


関連記事

コメント

メグ

puriさん。

あら?えーと。
直己とは別れてから会ったこともSEXしたこともないのですー。

実はセリフやSEXシーンはハルとのやりとりだったりします。
(v_v。)人(。v_v)ポッ♪
(ややこしくってスミマセン!)

2010/09/02 (Thu) 23:08 | メグ | 編集 | 返信

メグ

現実。

hiroさま。
フィクションでありながら妙にリアルなのは。
メグの本音が混ざっているからでしょうね。
綺麗に書き過ぎですけどね。

2010/09/02 (Thu) 23:01 | メグ | 編集 | 返信

メグ

白ケンメリさん。

さて。どちらのメグがほんとうのメグ?

両方ともですね。
メグは多面性があるのですよ♪

2010/09/02 (Thu) 22:56 | メグ | 編集 | 返信

puri

切ない・・・

一度別れた人だからこそ、、、
でも過去があったからよりよいSEXだったんでしょうけど。
人生に正解はないですね。

2010/09/02 (Thu) 20:17 | puri | 編集 | 返信

hiro

切ない心情

回想シーンの現実とそこから展開される妄想。。。

メグさんの切ない心情が含まれているようです。

2010/09/02 (Thu) 08:30 | hiro | 編集 | 返信

白ケンメリ…

複雑な気持ちの白ケンメリが居ます…

先日からのエントリー、、、読ませ頂いておりますが…

SNSで交信してる“メグお姉さま”とここのメグさんと区別するのに戸惑う“白ケンメリ”でした(^^ゞ


また、落ち着いて(整理して)書き込みますねぇ(^^ゞ

2010/09/02 (Thu) 07:35 | 白ケンメリ… | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。