FC2ブログ
2011_08
29
(Mon)14:52

悪戯。

ご近所のおじいちゃんが亡くなりました。

通夜でこれから読経が始まろうかという時ハルからメール。

<式場はどこかの会館でパイプ椅子に座ってる?>

<それとも自宅で畳に正座?>

<奥様!喪服のミニスカートからおぱんちゅが見えないようにね。>

まったくもう、メグは真面目に参列しているというのに不謹慎なハル!(笑)


帰宅後ハルに返信。

<ふぅ。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ。喪服にミニはないのよー。おじいちゃんが成仏できないじゃないのー。>

ふと悪戯ごころが芽生えて写メを添える。

    

喪服の長いスカートをたくしあげて…

続きを読む »

2011_08
26
(Fri)15:55

ひざまくら。

昨日一日おとなしくしていたのですが、まだ身体が回復していません。

一昨日ハルに逢ってきました。

またアクロバティックに激しく交わっていつも使わない臀部や腰の上の肉が重かったり股関節が軋んだりするが、不思議と筋肉痛はない。

なかなか逢えないと言いつつ、前回からは一ヶ月半。

平日の逢瀬は久しぶりです。

スーツ姿は男の戦闘服。

ひょろりとしたハルでも男らしく見える。
日焼けした顔や腕に白いシャツがよく似合う。

やっぱりいいなぁ。
また惚れ直してしまいそう。(笑)

メグはスーツのハルとのバランスを考えて今回ミニのタイトスカートにパンプスで逢いに行きました。

絶対にこけないように階段の上り下りに気をつけて!



だって…(*゚ー゚*)

スカートの中はノーパンにパンストだもの。

続きを読む »

2011_08
19
(Fri)04:59

脚フェチ・パンストフェチ。

足、脚、パンスト、おっぱい、お尻、女性器、下着、水着、体操服…男性のフェチは色々あるが…

ハルはストッキングの話をしただけであそこが膨らんでしまうくらいの『脚フェチ・パンストフェチ』だ。

  秘密の関係③(※過去記事参照)

ハルと初めて関係を持った日、最初が肝心なのでどういうSEXがしたいかお互い恥ずかしがらずに言おうねということになり、

『ねーぇ。ハルは何かして欲しいことがある?』と聞くと

『うん…それじゃ、今度逢う時はミニスカートと肌色の透ける感じのストッキングを穿いて来て。』と言う。

脚フェチさんはタイトスカートにシャツブラウス、ストッキングとハイヒールという格好が好みらしい。

ところがそんなキャリアウーマンっぽい格好は専業主婦のメグが一番苦手とする格好なのだ。
タイトのミニなんて、むちむちした脚のメグにはありえな~い!

だいたい、あの日穿いて行ったフレアスカートと黒のストッキングだって20年ぶりくらいだったのだ。

『うん。わかったー。透けてるストッキングね。』
『でもおばさんにタイトのミニは無理~。』

『そうかなぁ。似合うと思うけど…』

続きを読む »

2011_08
11
(Thu)12:54

花火②

女陰にあてがったハルのものが肉の襞を押し分ける。

『ん!…んんー……』

人混みから離れてはいるが、メグの声に誰かが気付くかもしれない。

いつもよりゆっくりと挿入するハル。

『…ぁ…あ…あぅ!』

『シーッ…だめ、声を出しちゃ。』

そう言って片手でメグの口を塞ぐと更に奥に突き進む。

  どぉ~ん、どぉ~ん、、

花火で夜空が明るくなるたびにメグの白い尻が浮かび上がり繋がった部分がハッキリと見える。
充血して緋色になった粘膜の中に淫汁をからめた肉棒が出たり入ったりしている。

誰に見られるかわからないという非日常のシチェーション。
スリルと共に、見られたら見られたで見せつけてやりたいような衝動に駆られる。

続きを読む »

2011_08
06
(Sat)19:09

花火①

花火大会の夜。
ハルと河原で待ち合わせ。

花火なんて何年ぶりだろう。

しかもこの夏はハルと一緒に見られるなんてしあわせ。
ハルに見てもらいたくて今夜は浴衣姿の逢瀬。

大正風の、黒地に点画で描いたピンクの花が女らしく艶やかだ。
白地の半巾帯を貝の口にきりりと結び、ハルに寄り添うように歩く。

ハルはグレーの濃淡の縦縞模様の浴衣を涼しげに着こなしている。

二人でカランコロンと下駄の音。
浴衣は大人の男女によく似合う。

  どぉ~ん、どぉ~ん、、

夜空に鮮やかな大輪の花が咲く。

  どぉ~ん、パラパラパラ…

次々に新作の花火が打ち上げられ光のシャワーとなって落ちてくる。

続きを読む »