FC2ブログ
2010_07
31
(Sat)02:00

遠恋③…ぎゅうっと

部屋に入ってもメグは緊張していた。

メールでお互いを理解しているつもりでも心の底から信頼しているわけではない。
いきなり乱暴なことをされたらどうしよう…と不安がよぎる。

メグはよそよそしくやや離れたベッドの端に腰掛けて、ハルが備え付けのコーヒーをいれてくれるのを眺めていた。

『さ、どうぞ。ハルと同じアメリカンでよかったよね?』
『砂糖とミルクはどうする?』


『うん。ありがとう。そのままがいいわ。』

続きを読む »

2010_07
30
(Fri)02:00

遠恋②…踏み出す

扉の向こうはメグの知らない世界。
結婚して初めてのラブホ。

相手は夫ではない。
ついさっき初めて顔を合わせた男性。

こんな冒険をしていいのだろうか?

(優しそうな顔をしてるけど、その筋の人だったらどうしよう…)



引き返すなら今しかない。

続きを読む »

2010_07
29
(Thu)02:50

遠恋①…はじめの一歩

(とうとうこんなところまで来てしまった。)

メグはホームからコンコースに続く長いエスカレーターを下りながらメールを確認する。



人混みを縫うように、それらしい男性を探す。

(いた。。。きっとあの人だ。)

ベンチに腰掛けている男性にそうっと近づき、顔を覗き込みながら声をかける。

『ハル…さん?はじめまして。メグです。』

男性は『ハルです。はじめましてー。』と言ってゆっくりと立ちあがった。

続きを読む »

2010_07
28
(Wed)05:00

宅配 ②

(う、、た、たまらない!この人僕を誘惑してる?)
なんとも妖艶な熟女の白い肌から淫卑な香りが漂いすっかり理性が飛んでしまった。

カチャッ・・・
「お、奥さん!」

ドアの鍵を後ろ手に閉めて、メグを獣のようにその場に押し倒す。
手首を掴んだままワンピースの裾を捲り上げる。

「あっ!…いやっ!いやっ…!む……!!!」

続きを読む »

2010_07
27
(Tue)04:30

宅配 ①

(あぁ。もう一月もハル(彼)と逢っていない。)
メグの欲求不満は最高潮に達していた。

けだるい夏の午後。リビングのソファーの上。
一人エッチな妄想に耽りながら、ゴソゴソと一枚ずつ服を脱いでいく。

両手で乳房を鷲掴みにし、強く揉み始めた。
次に親指の腹で硬くなった乳首をグリグリと転がす。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。